食中酒として色々な料理に合わせる場合は香りが控えめな日本酒が最適

食中酒として色々な料理に合わせる場合は香りが控えめな日本酒が最適

日本酒は今では、ご高齢の方はもちろんのこと若い世代でも好んで飲まれる方が多くなりました。
日本では約1500年以上もの昔から各地で作られており、主食であるコメを原材料にしているのでわれわれの味覚に良く合った味わいであるのが支持をされているです。
旅館や料亭に行くと、食事の前と合間にお酒を提供されるものです。
間で飲むものを食中酒と言いますが、ここではどのような日本酒が合うのかを見ていきましょう。
料理には和食や洋食・中華などがあり、食事はその味を満喫したい時間といえます。
つまり、香りと味わいが控えめなものが食中酒には求められます。
この条件を満たしているものが日本酒であり、銘柄で言えば清酒・吟醸の2種類です。
まず清酒とは熟成期間が半年程度のものを指しており、甘みが控えめなものが多い傾向になります。
吟醸とは山田錦を主原料にしたもので、10度以下の低温で発酵した飲みやすい日本酒です。
この2点を選ばれる飲食店が多くなります。

日本酒の大吟醸の意味と製造方法の特徴について

大吟醸の前に吟醸酒について説明します。
吟醸酒は日本酒の世界では比較的新しいお酒で、50年ほど前まで広く生産されていませんでした。
甘くのっぺりとしたイメージがあった日本酒に変化を加えるため、酒蔵が試行錯誤の末に米をさらに磨いたところ、軽快でドライな味わいの日本酒ができあがったのです。
多くの蔵元は吟醸酒の精米歩合を60%以上にすることで、より滑らかできれいな酒質を実現しています。
日本酒の消費量は減少傾向にありますが、吟醸酒の消費量は増加傾向にあります。
特別な日には優雅な大吟醸を選ぶ人が多いです。
文字通り大きな吟醸という意味で酒蔵の能力の高さが反映されます。
これに分類される酒は、米の外層を50%以上研磨する必要があります。
最高の米を最高の精米歩合で使用するため、他の工程にも細心の注意が払われます。
純米酒や吟醸酒よりも小さなタンクで醸造されることが多いです。
その目的は温度と発酵のスピードをよりよく調整することです。

著者:益田利郎

筆者プロフィール

埼玉県川口市生まれ。
各地を巡り日本酒について本格的に学びました。
この経験をもとに日本酒の記事を書いています。